FX手法

順張り逆張りとは?順張り逆張りのメリットデメリット~トレンドが出てるなら逆張りは考えなくていい!相場はシンプルに考える~

よくたろう
よくたろう
もっとデカく勝ちてえ・・・
わたなべ
わたなべ
FXは細かい利益の積み重ねが大事よ?
よくたろう
よくたろう
順張りだけじゃなくやっぱ逆張りも取り入れた方がいいよね!
デカく勝つためには色々やんなきゃ!
わたなべ
わたなべ
その考え、やめた方がいいかも・・・

今回は「順張り」「逆張り」について。

相場環境によっては順張りだけではなく、逆張りが有効になることもあります。

が!

トレンドが出ている時に関しては逆張りは考えなくていいと個人的には思います。

ムズいし。
相場の反転を見抜ければ逆張りは大きな利益を上げれますが、❝相場の反転を見抜く❞ってのが難しい。

僕、個人としては、順張りは基本戦略であり最強の戦略だと思っています。
順張りを制する者は相場を制す!
それではご覧ください。

FXにおける手法はたった2つしかない

FXの手法、と聞いてたくさんの手法があると思っていませんか?

確かにいろいろありますよねー。

例えば、

  • 1ヶ月放置で〇〇pips!誰でもできるほったらかし投資!
  • 月の利回り80パーセント以上!いまだけ限定公開中!
  • たった1ヶ月で1万円が100万円に!?知りたい方はコチラをクリック・・・!

etc・・・

とかのコトを言ってるわけではなくもっと基本的なこと。

シンプルに

【順張り】

【逆張り】

のどちらかです。
突き詰めていけばFXの手法ってこのどちらかなんです。

これ以外ないんですよね。

で、僕としてはこの「順張り」と「逆張り」2つのうちの「順張り」だけに絞るのが最もリスクなく効率的に利益をとれる手法だと思っています。

逆張りとは?

よくたろう
よくたろう
ってゆーかそもそも逆張りって何?
わたなべ
わたなべ
「相場の動きとは逆方向にエントリーすることを逆張り」と言うんだよ!

簡単に言えばこういうことです。
相場で上昇トレンドなのに売りで入ったり、下降トレンドなのに買いで入ったりすることですね。

上記の画像では明らかなダウントレンド。
ですがその流れに逆らって「買い」で入ることを逆張りといいます。

逆張りのメリット

逆張りとは相場の流れとは逆方向にエントリーすることです。
この手法のいいところは

デカい利益をとれること!

逆張りの魅力はこれにつきますね!
相場は上がったり、下がったりを繰り返してチャートを形成していきますよね?
チャートは上がり続けることもないし下がり続けることもないです。
つまりトレンドは一方向に動き続けることはあり得ないんです。
トレンドはいつかは反転します。
その反転するタイミングで仕掛けるのが逆張りっていう手法。

反転のタイミングでエントリーするということはダウ理論でいう「先行期」で仕掛けるということ。

ってことは・・・?
そうです、先行期の次には「追随期」が控えているんです。
先行期のタイミングでエントリーするわけですから追随期で動いた分は丸々利益に出来るんですねー!

トレンド転換さえ見抜ければ大きな利益を狙えるところが一番のメリットですね!

トレンド転換さえ見抜ければですけど・・・

逆張りのデメリット

逆張りのデメリットは判断を誤ると順張りに比べ損失が大きくなりやすいところ。

順張りはトレンドの流れに沿ってエントリーしていきますが、逆張りはトレンドとは違う方向にエントリーしていく手法。
つまり、トレンドの転換を見抜き大きな利益を狙っていく手法ですね。

という事はトレンド転換の判断を誤るとそのまま損失が拡大していく事になります。

そして非常に難しいです。
反転をとらえることが正確にとらえることが出来れば大きな利益を取ることが出来るんですが、判断をミスると大きな損失を出してしまいます。

まさにハイリスクハイリターンの取引になるわけですね。

順張りとは?

順張りは逆張りと違い、流れが出ていたら逆らわずその方向にエントリーしていくこと。
多くの投資家が実践している手法になり、基本となる戦略です。

上の画像で言うときれいなダウントレンド。
流れに沿って売りでエントリーしていくのが順張りになります。

順張りのメリット

トレンドが出ている方向にエントリーしていく順張り。

【トレンドは明確な転換のサインが出るまでは継続する】

というダウ理論の基本原則があるので逆張りに比べて安定的に利益を上げやすい手法ですね。

トレンドさえ見抜ければ流れに沿ってエントリーしていく手法なので、逆張りに比べ難易度は下がります。

といっても簡単というわけではなく相場の流れを見抜く力が必要になります。

トレンドが出てないのにトレンドと判断してしまうことも有りますからね。

順張りは大半のトレーダーが意識している手法になるので1度トレンドが出てくれば流れは続きやすいです。
そーいった意味でも順張りは利益を取りやすい手法になります。

順張りのデメリット

デメリットとしては逆張りに比べると利幅が少なくなりがちです。

というのも「高値掴み」「安値売り」になる場合があるからなんですね〜!

相場は上がり続ける事はないし下がり続けることもないです。
トレンドが出ている状態=ダウ理論で言う「追随期」にエントリーしていくわけですから、次には利食い期が控えていますよね?
ということはトレンドが出きったところでエントリーしてしまうこともあるワケです。
コレが「高値掴み」「安値売り」

トレンドの終わりでエントリーしちゃうとほとんど利益が取れず、場合によってはすぐに反転して損切り、ってパターンもあるあるですよね。

順張りで利益を得ていくにはいかに「利食い期」「先行期」を避け、追随期にエントリーできるか、にかかってきます。

トレンドと判断したら逆張りは考えない

順張りは大多数の投資家が意識している手法になります。
ダウ理論という基本原則に基づいてテクニカル分析をしていくわけですから、トレンドの流れに沿って行くのは多くの投資家が実践している手法です。

投資家の心理を突いていくうえでもトレンドが出ている時は逆張りっていうのは考えなくていいと個人的には思います。

もちろん相場環境次第では逆張りが有効な時もありますし、逆張りで利益を上げているトレーダーもいます。

が!

明らかなトレンドが出ている時は逆張りは考えず順張りに徹した方が相場の原理としても利益を上げやすいんですよね。

だってみんなが欲しがって値段が上がってるのに1人だけ

よくたろう
よくたろう
いーらない!

って言って売ったところでなんも変わんないですよね?
明確なサインがあって始めて

わたなべ
わたなべ
ちょっとアタシ売ろうかしら・・・

っていう人が出てくるワケです。
そこで相場はようやく勢いがなくなってくるんですよね。

逆張りってのはそうなった辺りでインジケーターとかの反転のサインを頼りに戦略を考えていくんです。

シンプルに考える

トレンドが出てたら順張り!

わかんなかったらエントリーしない!

これぐらいシンプルに考えるのが1番!

逆張りは相場の反転を見抜かなければいけないので判断を誤ると損失が大きくなってしまいます。
というか損失ばっかりになります。
まぁハマった時の破壊力はありますがリスクもありますよね。

手法は人それぞれですし、逆張りをメインにトレードをしている人ももちろんいます。

でも分からなかったらエントリーしないってのがFXではベストな戦略だと思います。

順張りだけで十分に利益は上げれますし。
中途半端なとこで逆張りするから負債って増えてくんですよね。

僕も利益ほしくて中途半端に逆張りとかやってましたが、みごとに負けまくってた時期がありました!

トレンドがでてたら順張り

これが1番シンプルでベストな戦略に思います。

相場環境がわからなかったらエントリーしないってのも大事。
結局どんな手法でも相場環境の認識が一番大事ですからね。

1日5分で利益を出す!「スキマタイムメソッド!」

残業休出当たり前!

家に帰れば、幼いわが子がいる中で使える時間はごくわずか・・・。

そんな時間のないサラリーマンでもわずかな時間で利益を出し続ける
シンプルな手法を今だけ期間限定で無料プレゼント!