FX手法

レジスタンスライン付近の売買で利益を増やす方法【FXポジションサイジング戦略】

この記事ではFXトレードで大事な「利確」について、利益を最大化する方法を解説していきます。

利益を伸ばすポイントは「ポジションサイジング」

前回の記事で「支持線・抵抗線まで価格が到達した場合にとるべき2つの戦略」を解説しました。

FX支持線・抵抗線まで価格が到達したらどうすればいいの?迷ったらやるべき2つの戦略あなたは何度も反発している価格帯「支持線・抵抗線」まで価格が到達した場合、どうしていますか? ポジションを閉じる? そのまま...

その中で具体的な方法を解説していなかったので、今回の記事で実際のトレードで解説していきます。

どのポイントに注力してポジションサイズをコントロールしているか参考にしてみてくださいね。

相場環境分析

まずは相場環境を分析していきます。

トレード通貨は豪ドル円、日足チャートになります。

直近では上昇トレンドを形成していますね。

  • 移動平均線は2本とも上向き
  • ADXは上昇
  • ±DIラインも上昇トレンドを示唆

と、買いが強いのは間違いないですし、仕掛けの条件も満たしています。

あとはタイミングだけ、という感じ。

レジスタンスラインブレイクでエントリー

上昇トレンドを形成していることに加え、さらに上昇三角形のパターンも形成していますね。

FX三角持ち合いは3つのポイントだけ押さえとけばOK!種類・引き方・ブレイクのエントリータイミング ダマシには要注意今回の記事は「三角持ち合い」について。 三角持ち合いで押さえるポイントは3つだけ! 3つのパターンだけ覚えておけばそれ以外は...

上昇三角形を形成し、抵抗線を上にブレイク。

そして抵抗線をブレイク後、一旦戻って再度上昇の動きを見せています。

ブレイクアウト後のエントリーシグナルです。

【FXブレイクアウト手法】エントリータイミングはロールリバーサルと時間帯がカギ今回の記事はブレイクアウト解説の3つ目、具体的なエントリータイミング編。 前回までの記事で ブレイクアウトの基本的な知識...

買いが強いのは明らかですし、ここで買いエントリー。

利確は直近で何回か反転を確認できる価格帯に置きます。

と、ここまでが僕の基本的なエントリーパターン。

レジスタンスライン・サポートラインとは? 引き方と支持線・抵抗線の考え方今回の記事は「サポートライン・レジスタンスライン」について。 「支持線・抵抗線」とも呼ばれますね。 この2つのラインは僕のト...

トレンドが形成され、ADXの勢いが確認できたところで、抵抗線までの動きを捉える。

で、ここからが今回の記事のテーマである
「利益の最大化」

基本的には抵抗線まで価格が到達したらそこで決済しますが、動き次第では伸ばせるだけ伸ばします。

その後の動きを見てみましょう。

終値が抵抗線を突き抜けたら保有し続ける

仕掛けから数日たち、抵抗線と見立てた価格帯まで到達したんですが・・・

黄色い○で囲ったローソク足に注目してください。

前回の記事で「終値」の動きですべて判断する、という話をしました。

FX支持線・抵抗線まで価格が到達したらどうすればいいの?迷ったらやるべき2つの戦略あなたは何度も反発している価格帯「支持線・抵抗線」まで価格が到達した場合、どうしていますか? ポジションを閉じる? そのまま...

寄り付きから引けにかけて価格が戻されるようであれば、そこでポジションを閉じ、
引けにかけてさらに価格が伸びていくようであれば、ポジションは保有する、

といいましたね?

終値がレジスタンスで跳ね返され、長いヒゲを伸ばすようであればブレイクがダマシである可能性が高くなります。

反対に終値が抵抗線を大きく超えていくようであればブレイクが本物である可能性が高まります。

今回の動きを見ると、抵抗線を上にブレイクしていますね。

引けにかけて価格は戻されていませんし、終値の時点で抵抗線を超えた位置で確定しています。

ブレイクが本物である確率が高いです。

ポジションは切らず、このまま保有していきます。

抵抗線に到達した時点でポジションの半分は利益を確定する

なんですが、厄介なことにブレイク後2、3日してから価格が戻るというパターンもあるわけです。

2、3日してからブレイクが「ダマシ」だったとわかるパターン。

こうなることも加味して、抵抗線まで価格が到達した場合、保有し続ける場合でもポジションの半分は決済します。

終値が確定し、抵抗線を突き抜けている場合、ポジションは保有します。

ですが、ダマシの可能性も考慮し「ポジションの半分は決済する」ということです。

ポジションはいつでも増やせますが、失った利益はもう戻ってはきません。

目的な利益を出すこと。

伸ばすことももちろん大事ですが、利益を確保することも大事。

なので、あらかじめ決めておいたポイントで一旦半分の利益は確定し、残りのポジションを伸ばせるだけ伸ばします。

逆行しても半分のポジションは利益になっていますし、順行すれば残りの半分のポジションが利益をもたらしてくれます。

増し玉で更に大きな利益も狙えます。

ストップ位置を引き上げたり、ポジションの半分を切ったりするのはすべて出た利益を守り、なおかつ利益を最大化するためなんです。

押しをつけたところで増し玉

しばらくポジションを保有し続け・・・

価格は大きく伸びましたね。

価格が伸びている間は余計なことはせず、ただ待ちます。

そして、ここで「押し目」をつけていますね。

そこから価格は上昇し始めています。

「増し玉」絶好のチャンス。

すかさずストップ位置を引き上げ、ポジションを積み増します。

あとはこの繰り返し。

価格が伸びている間は保有し続け、伸ばせるだけ伸ばします。

トレード結果・まとめ

増し玉から数日たち・・・

価格は93円台を超え上昇しましたが、直近の高値で止められましたね。

現在価格は93.082円。

ここで決済します。

仕掛けが85.105円、手仕舞いが93.105円なので、800pipsの利益でした。

ちなみにその後の動きを見てみると・・・

決済価格である93.105円を少し超えましたね。

ですが、その後大きく下落。

最後の吹上げだったようです。

最高値を完璧に捉えることなんて出来ません。

ただ、動きが止まる兆候は判断できます。

今回の場合ですと、増し玉後の直近の高値付近での動き。

強いトレンドであれば、押しをつけたあと高値を次々と更新していくはずです。

ですが、今回は直近の高値を超えることが出来ず一旦下がっていますよね。

トレンドが弱まってきているサインです。

決済のタイミングとしてはベストに近かったのではないかと。

今回のトレードは以上。

利益を最大化するには、
【支持線・抵抗線(サポート・レジスタンス)を終値ベースで超えたらポジションサイズを調整し、伸ばせるだけ伸ばす】

「支持線・抵抗線まで価格が到達したあとどうすればいいか迷ってしまう・・・」

という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1日5分で資産が増えていく・・・、その秘密を今だけ無料で公開中!