損小利大のベストなエントリータイミングは短期足の動きが重要!~抵抗帯の反発とブレイクを短期足で判断する~

損が大きくなってしまって利益が思うように取れない・・・。

今回はそんなことを思っている方へ向けた記事です。

エントリーの際、長期足の流ればかりに目がいっていませんか?

たしかに長期足の流れは重要です。

よくたろう
長期足の流れに乗るだけで勝てる!

と、思ってる方・・・。

残念ながらそれだけでは勝てないのがFX・・・。

っていうのも流れに乗ったとしても高値掴み・安値掴みで含み損・・・ってパターンがありますからね!

それを避けるためには損小利大のトレードは不可欠!

損小利大の為にはエントリータイミングは大事ですよね!

そこで大事なのが❝短期足❞なんです!

節目での反発やブレイクをいち早く判断できれば損小利大のトレードができるんですね。

エントリータイミングは短期足の動きが大事なんです!

流れの判断は中期~長期足

短期足の動きは重要!

とは言っても方向性の判断は中期~長期足の流れが大事です。

中期~長期にかけてトレンドなのか?レンジなのか?

っていう判断もですが、

長期足で上昇トレンドなのに、短期足では下降トレンド・・・

とかってパターンありますよね??

そこで焦って

よくたろう
短期トレンド狙いじゃー!!

って根拠だけでエントリーしてしまうのは負けパターン。

大きな流れの中での一時的な戻しの可能性が高いんですよね。

トレンドって上がったり下がったりを繰り返しながら形を作ります。

つまり、短期のトレンドってのは大きな流れ(長期の流れ)の中の小さな流れなんです。

短期トレンドを狙う際にも中期〜長期時間軸の流れが大事なんです。

短期トレンドを狙うなら長期の節目を意識する

短期的なトレンドを狙う際は利食い目標の設定が必要。

よくたろう
短期的にトレンドだけど、長期と逆方向・・・

って時は

わたなべ
この短期トレンドはどこまで続きそうか?

って見極めが大事!

そんな時こそ中期~長期の❝節目❞が活きてくるんです!

FXのエントリータイミング・ポイントに悩んでいるあなたへ~相場の節目まで待つことが大事!押し目戻り目のベストタイミングとは?~

2018年9月12日

中期〜長期で意識されているポイントがあれば、そこで短期の一時的な戻しが終わる可能性が高いです。

短期の流れはいつ大きな流れに飲み込まれてもおかしくないです。

ですが長期的に意識されているポイントがあれば

わたなべ
反発するならこの辺り・・・
この長期の節目までは上がりそうかな?

という戦略、シナリオが出来るんですね。

長期足では大きな流れを見るほかにも、節目を判断するためにも使えるんです!

細かいエントリーポイントは短期足の動き次第!

さてここまで中期~長期が大事!

っていう話をしてきました。

よくたろう
ちょっと待って、短期足が大事って最初に言ったやん!!

そうなんです・・・!
大事なんです!

短期足で大事なのは・・・

エントリータイミングの判断!

中期~長期の時間軸っていうのはロウソク足に中々動きが出ませんよね?

よくたろう
長期のロウソク足で判断してたら高値掴み・安値掴みですぐに含み損・・・

ってパターンになりかねないです。

少しでも早く節目での反発を見抜きたいですよね・・・?

そんな時に短期足を使うんです!

相場の節目の判断を早くできればそれだけ、大きい利益が取れ、損切りの値も小さくすることができます。

損小利大のトレードが出来るんですね!

中期~長期の節目で短期足がどうなっているかを見る


中期から長期にかけて節目となりそうなポイントってありますよね?

レジサポラインやインジケーター・・・。

そのポイントで短期足がどういう動きをしているかを見抜ければ、それだけベストなタイミングでエントリーできます。

  • 中期〜長期の節目付近で短期足がどーゆー動きをしているか?
  • 長期の節目で短期でも反発しているか?

これらを見ていくことでエントリーポイントは判断出来るんです。

節目の反発、ブレイクは短期足で見る

中期〜長期の節目はレジサポラインやインジケーターで判断します。

細かいエントリーは短期足。

短期足で

  • 節目で反発したか?
  • 節目をブレイクしたか?

っていうのを判断していくんですね。

長期足のインジケーター、例として移動平均線で言うと、

  1. 長期足で移動平均線にそって上昇している
  2. 移動平均線を抜けず、抵抗帯として意識されていそうな値動き
  3. 短期足も移動平均線で反発している

という動きを確認できれば、いち早く相場の流れに乗ってエントリーできると思いませんか?

長期足のロウソク足の動きを見ていたのでは中々動きが出ず、エントリーのタイミングを逃してしまうことになります。

短期足で抵抗帯の反発を判断できればそれだけ早くエントリーでき、利大のトレードができますよね!

レンジ相場であれば、高値安値を抜けたタイミングってのがベストなエントリータイミング。

レンジブレイク、というやつですね。

レンジ相場が続いている時はレンジの高値安値が抵抗帯として意識されます。

方向性が出ていないので、様子見のトレーダーが増え、ここを抜けると一気に流れが出る傾向にあります。

いち早くレンジブレイクを見抜ければそれだけ大きい利益を取ることができますよね?

スキマ時間で効率良く利益をとっていくためには短期足での反発・ブレイク判断が必須なんです。

まとめ

中期~長期にかけての流れを把握するのは大事です。

ですがそれだけでは勝てないのがFXの難しいところ。

エントリータイミングを間違えると、高値掴み・安値掴みになってしまい中々思うように利益が上げれないんですよね。

そこで大事なのが短期足!

わたなべ
中期~長期の抵抗帯付近で短期足がどう動いているのか?

っていうのを短期でいち早く判断することで効率よく利益を上げていけるんですね。

ただ、注意点もあります。

それは相場に絶対はない、ということ。

いくら抵抗帯の反発・ブレイクを確認できたとしても逆行のリスクは常にあります。

勝率100%っていうのは不可能ですからね。

あくまでトータルで勝っていくのがFXです。

そのために損小利大のトレードは必須!

損を小さくすれば、負けてもダメージは少なく、利益を損失よりも大きくすればトータルで勝てるんです。

単純な話ですよね?

損小利大を徹底するために短期足での反発・ブレイクの判断が必要なんです。

  • 抵抗帯の判断は中期~長期足
  • エントリータイミングは短期足での反発・ブレイクを確認したら!

っていうのが僕としては損小利大トレードのベストなエントリータイミングだと思います。

よくたろう
損小利大のトレードが出来ないよ・・・

って方は長期の流れだけではなく、短期足の動きにも注目していきましょう!

完全無料のFX相談受付中!

僕は今ではFXで年利20%ほどですが、始めたばかりの時は失敗続きでした。

✅教材を買っても勝てない・・・

✅いつも自分の思った方向と逆に行く・・・

✅含み益だったのにいつの間にか含み損に・・・

と悩みながらも何冊も本を読み、検証をくり返しながらあきらめず相場と向き合ってきました。

僕みたいに悩み、努力しても勝てない・・・

そんな人の助けになるため、
完全無料で勝つためのFX相談に乗ります!

気になる方はお気軽にどうぞ(^^)

Twitterではスキマ時間で利益を上げる為の情報を発信しているので、ぜひフォローお願いします!
⇩⇩⇩

ブログランキング参加中!

「この記事がためになった!」
って方はバナークリックで応援よろしくお願いします!


FX初心者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です