オススメ記事

FXで勝つにはむずかしいことをする必要なんてない

あなたはFXで勝つということに関してどんなイメージを持っていますか?

複雑な分析が必要

何個もの銘柄を監視しなければいけない

天井や底を完璧に捉えなければならない

などなど・・・。

もしかして、ものすごーくむずかしいことをやろうとしていないでしょうか?

だとしたらその考えは今すぐ捨てたほうがいいですね。

まぁ人によって考えは様々でしょうが、僕はそんな複雑で難しいことをする必要はないと思っています。

スキマ時間しかないですし、一日中チャートに張り付いているわけにもいきません。

だから難しいことをやる必要がないというよりかは・・・
簡単なことしかできないんです。

でも利益は出せています。

勝つためには必要なことは、
複雑な分析でもなく、チャートに張り付くことでもありません。

物事を単純に、そして客観的に見れるかどうかなんです。

今回の記事ではその辺りを詳しく解析していきますね。

すごいことをやる必要なんてない


さて、結論から言えば、
FXで勝つために“すごいこと”をやる必要はありません。

天井と底、全部の値動きをとろうとするとかね。

そんなことできるわけありません。

値動きがどこまで下がったら反転するとか、どこまで上がったら止まるとか・・・
誰にもわかりません。

ただ、ほとんどの人は、そんなすごいことをやろうとします。

そうじゃないと勝てないと考えているから。

はっきり言いますが、必要ありません。

必要なことは値動きを完璧に捉えることではないんですよね。

完璧に捉えようとするから最安値で買って、最高値で売ろうとする。

そうじゃなく、真ん中だけでいいんです。

トレンドが形成されているチャートの真ん中だけ。

それで十分です。

確かに過去のチャートを見ればいくらでも説明はできるでしょう。

ここでこのシグナルが出ているから〜・・・

とか、

ここで反転のサインが出ているから〜・・・

とかね。

理想的に思えるかもしれませんが、実際はそう簡単じゃありませんよね?

下がっている途中で買ったり、上がっている途中で売ったり、そんなことをする必要は有りません。

上がっている途中で買えばいいんです。

伸びている価格はそう簡単には止まれません。

スキマ時間で勝ちたいならシンプルにトレンドに乗れ!ニュートン力学と価格の動きFXで利益を上げる方法は無限にあります。 人によってやり方は色々ですけどね。 シンプルなトレンドフォロー、逆張り手法といった...

だったら反転を予想するよりも、伸びている動きに乗るほうが簡単だと思いませんか?

そして、そのほうが単純で客観的に見れますよね。

ただ物事をシンプルに見るって実はむずかしいことでもあるんです。

人は単純なものでは納得できない


物事を単純に見ることはむずかしいことです。

ほとんどの人は単純な方法を信じませんから。

「これだけ苦労してきたのに勝てないんだからそんな単純な方法で勝てるわけない」
って思っちゃうんですよね。

複雑なものの中にこそ答えがあると思っちゃう。

そんな単純なもので勝てるはずない、と。

まぁ僕自身もそうでしたからねー笑

複雑であればあるほど、なぜか魅力的にうつっちゃうんです。

複雑であればあるほど、理論が巧妙であるほど、いいと思ってしまう。

これが人の性質です。

あなたはどうですか?

誰にでもわかる単純な方法

専門用語だらけで複雑な方法

どちらのほうが勝てそうに思いますか?

多分、どちらも見せられて理論をたくさん並べられたら、複雑なほうに魅力を感じる人の割合が多いと思います。

理屈を並べられると、人ってこっちのほうがいいかもってなっちゃいますから。

ただ、複雑であればあるほど変化への適応力は落ちます。

あまりにも複雑すぎるやり方は判断力を鈍らせてしまうんです。

複雑さは判断を鈍らせる


あまりにも複雑なものは判断力を鈍らせます。

鈍らせるとどうなるか?

ポジションを閉じるべきところで閉じない、利確すべきところで利確しない・・・

などなど、あまりに複雑なルールだとあれこれ考えちゃうんです。

常に値が動き、未来を予測できない為替市場の世界。

そんな中で損切り、利確のサインが出ているのに何もしないってのは自殺行為ですよね。

損を膨らませ、利益を減らしてしまうことになりかねません。

こうなったらポジションを閉じ、こうなったら利食いする。

っていう単純なルールだったらいいんですよ?

ただ、例外としてこうなった場合はポジションを閉じない。

とかっていう“例外的なルール”が多いやり方はあまりよろしくないですね。

その例外の部分がルールを複雑にしてしまっています。

ルールが多いと人は判断に迷います。

結果、俯瞰的に相場が見れなくなる。

そしてどうなるかというと・・・
わけがわかんなくなって、損ばかりするようになります。

そもそも利確や損切りのルールなんて、一つでいいです。

僕の場合だと、抵抗線・支持線に到達したら利食いしますし、
抵抗線・支持線を割ったら損切りします。

これだけ。

これ以上なにか必要なものはありますか?

僕にはないですね。

それ以上のことを考えてしまうと複雑になりすぎる。

せいぜい2〜3個くらいがいいとこでしょうね。

同時に考えることができるタスクなんてたかが知れています。

処理しきれない量だとパンクしてしまいます。

だから何も出来なくなってフリーズする。

複雑になんてする必要ないですね。

すべてをやる必要もない


物事をシンプルに見る。

それともう一つ、大事なこと。

それは、全てをやる必要もないってこと。

  • 順張り
  • 逆張り
  • スキャルピング
  • デイトレ
  • スイング

他にも取引手法は山ほどあります。

だけど、これら全部をやる必要ってどこにもないですよね。

自分の得意な事だけにしぼればいい。

ただこれって、むずかしいんですよね〜・・・。

昔の僕もそうでしたけど、なんでもやりたくなる。

だまってじっと待っていることができないんです。

自分の得意な場面が来るまでじっとしていられない。

そりゃー目の前で価格がグングン伸びていったらトレードしたくなりますよね。

自分のルールじゃなくても取引したくなる。

人はリスクよりもお金儲けのほうが魅力的に写っちゃうものですからね。

あとになって伸びているチャートを見ると、実際に儲けを出せていたか分からないのに

稼げたかもしれないっ・・・

って思っちゃう。

で、次に同じような場面になるとトレードし、案の定負ける。

後になって「なんであんなところで・・・」という後悔だけが残る。

すべての値動きを捉える必要なんてないんです。

てか無理ですから。

グングン伸びる価格を見ているのは辛いですが、自分のルールじゃないのなら耐えましょう。

すべてをやる必要は無いんですから。

じっくりと狙いを定めて狩りをする


物事を単純に見ること。

そしてすべてをやる必要がない、ということを知ること。

勝つための要素は色々とありますが、難しく考えすぎることはあまりいいことではないですね。

詰め込みすぎると周りが見えなくなります。

シンプルに俯瞰的に値動きを見る。

上がっているんなら買えばいいし、下がっているんなら売ればいい。

僕はそうやって利益を上げています。

まぁタイミングってのもありますけどね。

グングン上がっているのを見て焦ってやみくもに買いに走るのも良くない。

チーターの狩りと同じです。

チーターは闇雲に獲物を追うようなことはしません。

チーターは陸上でもっとも早く走れる動物。
時速80〜130キロで走れるにもかかわらず、絶対に獲物を逃さないタイミングでしか彼らは狩りをしません。

絶対に慌てず、気づかれないように獲物に近づき、狙いを定め、狩りをする。

慌てると気づかれ、獲物に逃げられますから。

トレードも同じです。

絶対にあせらないこと。

自分が絶対に逃さない確信ができた時だけ仕掛けるべきなんです。

それでも失敗することはもちろんあります。

チーターだってそうです。

陸上でもっとも早く走れるにもかかわらず、獲物に逃げられることは普通にあります。

トレードも同じで、これ以上ないほど確信を持って仕掛けたとしても負ける時は普通にあります。

負けは受け入れるほか有りません。

リベンジしてやろう、と思うトレードは高く付きますよ。

すべてをやろうとする必要は有りませんし、すべての取引で勝つ必要もありません。

それがトレードというもの。

シンプルに考える

すべてをやろうとしない

じっくりと狙いを定める

むずかしいことをやる必要はありません。

必要なものは、じっくりと待つ忍耐強さ。

シンプルに見れる状況になるまでは待てってことです。

上下にグイングイン動いて方向性のない相場は何もせずに待つ。

動きがわかるようになったら仕掛ける。

すべてをやろうとせず、忍耐強く待ち、仕掛ける時はシンプルに。

勝つために必要な要素はこれだけです。

むずかしく考えちゃうって人は参考にしてみてくださいね。

1日5分で資産が増えていく・・・、その秘密を今だけ無料で公開中!

スキマ時間で儲けを出す!

空いた時間は、

・家族と笑い合う時間

・趣味に没頭する時間

・遊びの時間

好きなことをしながらお金が増えていく・・・。

その秘密を今だけ無料プレゼント!

今すぐ無料プレゼントを受け取る!