上昇トレンド中の押し目買いの判断はどこでするべき?押し目を狙うポイントは移動平均線と価格!

「上昇トレンドで押し目を付けたけど、この押し目で買っていいのか、どうなのか・・・?」

と悩む時ってありますよね!

「押し目の判断を誤ればそのまま下落・・・」

「遅すぎれば思うような利幅が取れず・・・」

と押し目の判断はエントリーのタイミングを計るうえで重要です。

とくに上昇トレンド中はチャンスですから、出来るだけエントリーしたい場面!

そこで今回は「シンプルな押し目買いのトレード」を解説!

上昇トレンド中の押し目の判断について解説していきます。

上昇トレンド中の押し目なのか?それとも下落していくのか?

ポイントは移動平均線と価格の推移!

押し目買いはトレンドフォローの基本!


僕はシンプルに押し目や戻り目を付けたところでエントリーするのが大好きです。

相場はむずかしく考えすぎるとうまくいきません。

単純に買われていれば❝買い❞が優位性(エッジ)がありますし、売られていれば❝売り❞に優位性がありますからね。

ですがここで一つ問題が・・・。

それは、価格は一方向に動き続けることは絶対にない!ということ。

どんなに買いや売りが強くても永遠には続きません。

どこかで必ず調整の動き、「押し目」や「戻り目」をつけて動きます。

FXはシンプルに考える手法が最強!下降トレンド+レジサポ反発だけを使った戻り売りトレード!

2019年1月11日

市場の押し目・戻り目を判断するフィボナッチ・リトレースメントの使い方!黄金比フィボナッチはレジサポラインとして考える!

2019年1月16日

押し目買い・戻り売りのポイント!押しや戻りをどこで判断する?

2019年1月20日

これは絶対の法則であり、原理原則です。

押し目や戻り目をつける前に買うということは、価格が逆行するのが分かっているのにエントリーしてしまうことと同じです。

これから価格が一時的に下がると分かっていたら買いで入るでしょうか?

入りませんよね!

一時的な値動きの逆行をくり返しながら、価格は上昇トレンドや下降トレンドを形成していきます。

つまり、この「押し目・戻り目」で売買することがもっとも期待値が取れるポイントなんです。

トレンドフォローにおいて「押し目買い・戻り売り」は基本戦術。

この押し目や戻り目の判断がエントリーする際には大事なんですね。

日足環境分析

ではここから実際のトレードで解説していきます。

ドル円日足

直近の値動きは買われていますね!

目線は買い!

現在のローソク足を見ても前日の終値を超え、買われているのが分かります。

続いて中期足。

中期足は移動平均線が支持線として機能している状況

ドル円4時間足

上昇トレンドですね。

移動平均線もパーフェクトオーダーの形が出ています。

1時間足を見ると・・・

ドル円1時間足

移動平均線にそって上昇しています。

ちなみにこれはエントリー前の画像!

上昇トレンドではありますし、支持線として移動平均線が機能している状況。

そして押し目をつけていますね。

押し目をつけ、移動平均線で再度反転する可能性が高そうに見えます。

なんでーすーが!

ここで短期足を見てみると・・・

短期足は下落傾向

ドル円5分足

1時間足で押し目をつけているので短期足でタイミングを計ってエントリーするのが僕のスタイルなんですが、短期足を見ると移動平均線が3本とも下向きになっていて下落傾向ですね・・・。

ちょうど1時間足の移動平均線の位置(ピンクのライン)で反発し、ローソク足が陽線をつけてはいますが、ちょっとここでエントリーするにはまだ早いかな・・・。

現在売られていますし、移動平均線のしたで価格が推移しているので、このまま下落していく可能性もゼロではありません!

中期足で上昇トレンドだったとしても、何が起きるか分からないのが相場・・・。

しっかりこの下落が一時的な押し目だと判断できるまでは僕の場合、エントリーしません!

ではこのローソク足の動きがどうなったら中期足の一時的な押し目だと判断すればいいんでしょうか?

どこで押し目を判断するべき?


僕の目安としては

【ローソク足が移動平均線より上か?下か?】

という点を見ます。

単純に

  • 移動平均線よりローソク足が上で推移していたら買い
  • 移動平均線よりローソク足が下で推移していたら売り

と判断します。

先ほどのドル円5分足を見てみると・・・

移動平均線より下で価格が推移しています。

つまりこの段階ではまだ売りの勢力の方が強いんです!

5分足と言えど、この下落の勢いがきっかけでトレンドが切り替わるという可能性も十分にあります。

価格がしっかり上昇傾向になるまでじっくりと待つことが押し目の判断には大事!

じっくり待っていると・・・

移動平均線をブレイクし上昇の動きが強く出ています。

そして5期間の移動平均線が20期間の移動平均線をゴールデンクロスしましたね!

買いのシグナル!

移動平均線で見るべき3つのポイント!移動平均線の乖離率(かいりりつ)には注意!

2018年12月2日

ってことでここでポチっとエントリー!

損切りはエントリー位置から30pips下で前回つけた安値の下、111.167円。

利食いは30pips上111.768円に設定。

損切りはある程度広く、トレンドの定義である前回の安値を下回った位置に置きます。

なんですが僕の場合、ローソク足の動きによっては損切り位置に行く前に決済しちゃいます。

だからこそ損切りは広めに置いとくんです。

途中経過・ペナントパターンからブレイク!

途中経過ですが、やや上昇の動きが弱まってきました・・・。

ですが、移動平均線の付近で価格が推移しているところを見ると調整の動きになっていますね~。

ペナントパターンになっています。

FXでよくあるチャートパターン「ペナント」ペナントブレイクを狙ったトレードを解説!

2019年1月5日

ペナントブレイクをシグナルにグランビルの法則を使ったトレード!エントリーのタイミングは「ローソク足」と「レジサポライン」

2019年2月17日

ペナントがどちらにブレイクするかで手仕舞いか?それとも保有か?って場面。

しばらくすると・・・

ペナントを上にブレイク!

継続して上がっていく可能性が高い動きです。

ってことでこのまま保有しますー。

トレード結果

ドル円1時間足

ペナントブレイク後、そのまま上昇。

最初に設定した111.768円で決済でした。

ちなみにこの日はアメリカ・雇用統計の発表が午後9時30分からありました。

なのでどちらにしろ目標価格まで行かなければ手動で決済しようと思っていたのですが、いい感じで上昇してくれましたね。

ってことで+30pipsで終了です。

まとめ


上昇トレンド中の押し目の判断はトレンドフォローにおいて重要です。

判断が早すぎれば下落の勢いに巻き込まれる可能性も高いですからね。

常に何が起きるか分からない相場・・・。

ここで大事なのは絶対にあせらないこと!

チャンスはいくらでもあります。

流れに乗り遅れたくない!!

と思ってしまうのも分かります・・・。

分かりますが・・・そこで待てなければ安定して利益を上げることは絶対にできません!

為替市場は無慈悲なゼロサムゲーム・・・。

勝っている人がいれば必ず裏で負けている人がいます。

あせってエントリーした人の出した損失がチャンスを待っていた人の利益になるんです。

  • 全体の流れ
  • 今現在の価格の流れ
  • 上昇下降のシグナル

これらを総合的に判断し、エントリーするべきところまで待つ!

タイミングが合わなければ無理にエントリーする必要はないです。

変にエントリーして負けるより、次のいいタイミングに資金を回した方がよっぽどいいですからね。

失ったお金は戻ってはきません。

  • 押し目が本当の押し目なのか?
  • 下落の始まりなのか?

この辺りの判断が「押し目買い・戻り売り」のコツ!

押し目買い戻り売りが上手くいかない・・・

って方は参考にしてみてくださいねー。

無料相談・無料コンサル受付中!

悩んでいる方はお気軽に相談してくださいね!

完全無料のFX相談受付中!

僕は今ではFXで年利20%ほどですが、始めたばかりの時は失敗続きでした。

✅教材を買っても勝てない・・・

✅いつも自分の思った方向と逆に行く・・・

✅含み益だったのにいつの間にか含み損に・・・

と悩みながらも何冊も本を読み、検証をくり返しながらあきらめず相場と向き合ってきました。

僕みたいに悩み、努力しても勝てない・・・

そんな人の助けになるため、
完全無料で勝つためのFX相談に乗ります!

気になる方はお気軽にどうぞ(^^)

Twitterではスキマ時間で利益を上げる為の情報を発信しているので、ぜひフォローお願いします!
⇩⇩⇩

ブログランキング参加中!

「この記事がためになった!」
って方はバナークリックで応援よろしくお願いします!


FX初心者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です