たった1本の移動平均線だけを使った超シンプルなトレード手法!FXはシンプルが最強

FXトレードであれこれ考えすぎてわけわかんなくなっちゃっていませんか??

そんなあなたに朗報です。

今回は、たった1本の移動平均線を使ったシンプルなトレード手法を解説。

FXではシンプルに考えることこそ最強!

複雑な分析なんていらないです。

買われていたら買い、売られていたら売る。

これだけ。

よく分かんなくなっちゃった・・・

ってあなたは必見です。

複雑な分析よりシンプルな分析が大事


複雑な分析よりシンプルな分析が大事ってのは大昔から言われています。

色々な書籍やサイトでも言われていますし、僕自身そう思います。

なぜか?

それは・・・相場自体、単純だからです。

相場は通貨が買われることで上がり、売られることで下がります。

相関関係によっては相手側の通貨の価格変動で変わりますが、基本的に通貨の売買でチャートは動きます。

通貨が買われればその通貨は上がり、売られればその通貨は下がる。

単純ですよね??

複雑な分析ではその単純な法則に気づきづらくなってしまうんです。

通貨そのものの価格変動ではなく、チャートの形を見てしまうから。

価格を動かしているのはチャートのパターンじゃないです。

その裏で売買している人の手で動きます。

売買している人が抵抗線や支持線をどれだけ意識するかでパターンができます。

例えば、長い間超えなかったレジスタンスライン・サポートラインがあったとしましょう。

これらがブレイクされるのは人の手によって、ですよね?

  • どれだけそこを意識する人がいるのか?
  • 買いと売り、どちらが強いのか?
  • 売買に影響する経済情報は?

レジスタンス・サポートがブレイクされるかどうかはこういった裏で売買している人の心理であってチャートそのものではないです。

なんですが・・・

売買している人はチャートを見て判断しているのも事実。

そこで大事になってくるのが【抵抗線・支持線】の存在。

支持線と抵抗線の把握


価格は人が動かしているものですが、どれだけの人がチャートに出るパターンを意識しているかによって変わります。

  • レジスタンスライン
  • サポートライン
  • トレンドライン
  • 移動平均線
  • 前日の高値・安値
  • ボリンジャーバンドのσライン
  • オシレーター

etc・・・

とチャートには抵抗線・支持線となるインジケーターやローソク足のポイントがたくさんあります。

しかし・・・どの抵抗線・支持線が市場に意識されているかなんて分からないです。

自分では抵抗線・支持線と思っていたところでも市場には全く意識されておらず簡単にブレイクされるなんてしょっちゅうありますからね。

だから、複雑にあれこれ考えても意味ないんです。

複雑に考えたところで結局は価格を動かしているのは人。

買われているのか?売られているのか?

シンプルにこう考えるだけでいいです。

その中で自分が抵抗線・支持線と見立てたポイントでエントリーすればOK!

大まかな流れが把握できているのであればタイミングに正解は無いです。

抵抗線や支持線はトレーダーそれぞれですからね。

どーやったって負ける時は負けるんですから、自分が抵抗線や支持線と見立てたところでエントリーしていきましょう!

複雑に考えたところで世界中のトレーダーに意識されているポイントなんて分からないですからね。

間違ったら間違ったで早めに損切りすればいいだけ。

僕は普段「移動平均線」を使っています。

なので今回も移動平均線を抵抗線と見立ててエントリーです。

トレード解説


今回のトレードはシンプルに移動平均線を抵抗線と見立てた戻り売りです。

高値安値を切り下げているところだったので目線は売り。

大まかな流れが売りなので戻り目を付けたところでエントリーしたトレードです。

まずは日足環境から。

ユーロドル日足

日足環境はレンジよりですが高値安値を切り下げ、売られています。

前日の動きを見ると、前日終値を更新し売られていますね。

移動平均線は下向きですし、高値を切り下げているので売り目線で考えていきます。

ユーロドル4時間足

4時間足で見ると直近は売られています。

高値と安値を切り下げ、移動平均線も下向き。

移動平均線で反発後、大きく値を下げています。

ユーロドル1時間足

1時間足でははっきりと売られているのが分かります。

戻り目をつけたポイントですが、移動平均線とレジサポラインが重なる辺りで反発しています。

抵抗線としてここが機能していそうですね!

ちょうどこの戻り目を付けたところがタイミングとしてはよさそう。

ってことでここでエントリー。

シンプルに売られている中で1時間足の移動平均線まで戻ってきたところでエントリーです。

前回のローソク足の安値を抜けてきていますし、移動平均線まで戻ってきているのでタイミングとしてはベスト!

レジサポラインと移動平均線が抵抗線となっている可能性が高いですからね。

複雑に考えず、売られている中での戻り売りで仕掛けます。

損切りは1時間足のレジサポライン・移動平均線の上、マイナス10pipsの位置。

抵抗線と見立てた位置を超えると根拠がなくなるのでここで損切り。

利食いは前回安値まで20pipsほどなのでリスクリワードは1:2

欲張らずここで決済します。

ちなみに今回はトレール注文は使いません!

トレール注文とは?スマホでトレール注文しながらトレンドを追う!【FXスマホトレード】

2019年5月5日

理由は日足。

日足で見るとはっきりと下落が止められていますね。

ここをはっきりと超えてこない限り、市場には意識されそうなライン。

中期時間軸では売られていますが、欲張らずここより少し手前に決済目標を置いておきます。

日足で目立つ抵抗帯がある場合、大きくは狙いません。

日足はもっとも市場に意識される時間軸ですからね。

トレード結果

ユーロドル1時間足

長いひげを伸ばした時点で決済できました。

その後大きく下落していますが、あくまで結果論。

日足ではっきりとした抵抗線がある以上、そこよりリスクは取りたくなかったです。

それにリスクリワード比率は1:2なので十分。

すべてのトレードでホームランを狙ったところで無理な話ですからね。

まとめ


FXはシンプルに買うか売るかで利益を得ます。

そして通貨は買われれば上がり、売られれば下がります。

市場全体の流れが出ているのであれば、あれこれ考えず流れにそってエントリーするのが一番!

どーやったって負ける時は負けますし、それを受けいれたうえでトレードしていかなければいけません。

複雑に考えて考えて・・・結果負けた・・・

ってパターンは多いです。

何より精神的にキツイ・・・。

単純に考えた方がうまくいきます。

相場を単純に考えて、リスク資金管理をしっかりやる!

結局これが最強!

複雑に考えちゃう・・・

ってあなたは少し相場から離れて単純に考えてみてください。

きっと今よりもうまくいくはずですよ!

無料相談・無料コンサル受付中!

お気軽にどうぞ(^^)

完全無料のFX相談受付中!

僕は今ではFXで年利20%ほどですが、始めたばかりの時は失敗続きでした。

✅教材を買っても勝てない・・・

✅いつも自分の思った方向と逆に行く・・・

✅含み益だったのにいつの間にか含み損に・・・

と悩みながらも何冊も本を読み、検証をくり返しながらあきらめず相場と向き合ってきました。

僕みたいに悩み、努力しても勝てない・・・

そんな人の助けになるため、
完全無料で勝つためのFX相談に乗ります!

気になる方はお気軽にどうぞ(^^)

Twitterではスキマ時間で利益を上げる為の情報を発信しているので、ぜひフォローお願いします!
⇩⇩⇩

ブログランキング参加中!

「この記事がためになった!」
って方はバナークリックで応援よろしくお願いします!


FX初心者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です