トレンドがどこまで続くか知りたい?フィボナッチ・エクスパンションを利食いの目安に使う

「きれいにトレンドが出てるんだけど、どの辺まで行くか目安が欲しいな~・・・」

「トレンドが続く限りポジション持っていたいけど、チャートを何度も見れないんだよな~・・・」

とそんなことをお考えのあなた・・・。

【フィボナッチ・エクスパンション】をご存知ですか??

フィボナッチ・エクスパンションはフィボナッチ比率にもとづいて価格がどのあたりまで行きそうか?っていうのを見れるツール!

今回の記事は前回の続きになります。

前回はオシレーター「ストキャスティックス」のシグナルをもとにエントリーのタイミングを解説しました。

今回はエントリーしてからの利食いの目安について!

  • エントリーのタイミング
  • 損切りの位置

と同じぐらい利食いの位置ってのは大事ですからね!!

欲張りすぎても逆行のリスクがありますし、少ない利食いだと効率的に利益をとっていくことはむずかしいですし・・・。

そんな時に目安として使えるツール【フィボナッチ・エクスパンション】

それではご覧ください(^^)

フィボナッチ・エクスパンションとは?


エクスパンション(expansion)とは英語で「拡大・拡張」という意味。

フィボナッチ・エクスパンションとは押し目・戻り目のあと、どこまで上がるか下がるかの目安を測るテクニカル指標です。

フィボナッチとはフィボナッチ・リトレースメントでも説明しましたが、黄金比とされる数値のこと。

市場の押し目・戻り目を判断するフィボナッチ・リトレースメントの使い方!黄金比フィボナッチはレジサポラインとして考える!

2019年1月16日

簡単に言えば、

押し目や戻り目を付けたところからどの辺まで価格が行くかをフィボナッチ比率で見れるツール

なんですね。

「フィボナッチ・リトレースメント」は高値と安値を結び、押しや戻りがどこまで行くかを見るツールですが、

エクスパンションは押しや戻りの位置から次に価格がどのあたりまで行くのかをフィボナッチ比率にもとづいて表示してくれるんです!

フィボナッチ・エクスパンションは、高値・安値・リトレースメント(押し目戻り目)の3点を結ぶことで表示させます。

3点の動きをもとにフィボナッチラインを表示させてくれるんですね。

押し目買いや戻り売りのときに

よくたろう
きれいにトレンドが出てるんだけど、どの辺まで行くか分かんないな~・・・

って時に使うと大体の目安が分かります!

もちろん絶対はありませんが、チャートはフィボナッチ比率で形成される場面ってのは多いですからね!

状況次第ですがかなり使えるツールなんです!

利食いの目安はフィボナッチ・エクスパンション!


ではここから前回のトレードの続きになります。

前回、下降トレンドをストキャスティックスの買われすぎ圏からのクロスをシグナルにエントリーしました。

ストキャスティクスの使い方!オシレーターはトレンド分析とあわせて使って精度を上げる

2019年1月27日

トレンドフォローで迷うのが利食いの目安ですよね・・・。

トレンドは明確なシグナルが出されるまで継続しますが、永遠に続くわけではありませんからね。

いつもは「オアンダ・オープンオーダー」で判断するんですがユーロ豪ドルはそこまで取引量が多くないのでオープンオーダーを見ても注文が集まっている価格帯がなかったんですよね・・・。

そーゆーときに僕は戦略を変えます。

直近の安値を狙うのもいいんですが、これだけきれいにトレンドが出ていますからね。

わたなべ
トレールで利益を追っていってもいいけど、ちょっと時間的にチャートは見れそうにない・・・

そーゆーときに使うのが・・・

【フィボナッチ・エクスパンション!】

ユーロ豪ドル1時間足

1時間足にフィボナッチ・エクスパンションを引いています。

高値・安値・戻り目の3点を結びフィボナッチラインを表示させてみると・・・

ユーロ豪ドル4時間足

3点を結び、フィボナッチ・エクスパンションを引くと大体の目安になる価格が分かりますね!

フィボナッチ61.8%まで下落すれば、80pips以上とれる計算になります。

なのでそこよりちょい手前、+80pipsの値に利食いを設定です。

それ以上狙っていってもいいんですが、大きく狙いすぎれば値が逆行するリスクってのもそれだけ上がります。

損切り位置はマイナス30pips程のところに置いていたので80pips取れればリスク・リワードの比率としては悪くないですよね。

中期的なトレンドをフォローしている形なので欲張らずフィボナッチ61.8%あたりを狙っていきます。

トレード結果

ユーロ豪ドル1時間足

想定通りフィボナッチ・エクスパンションの61.8%あたりまで下落し、そこから反発し上昇していますね!

利食いのタイミングとしてはベストだったかなと。

もちろんすべての相場状況でフィボナッチ・エクスパンションを使えるわけではありません。

すべてのトレンドがフィボナッチ比率で出来ているわけではありませんからね。

ですが知っているのと知らないのでは分析の精度が違ってきます。

武器は多いにこしたことは無いですからね!

まとめ


利食いの目安に使った「フィボナッチ・エクスパンション」

フィボナッチ比率に基づき、価格がどこまで行くかの目安になります。

トレンドフォローで迷うのが利食いの位置ですよね。

よくたろう
少なすぎても利益があまりとれないし・・・
よくたろう
大きくい狙いすぎても逆行のリスクがあるし・・・

そんな時に使えるのが「フィボナッチ・エクスパンション!」

どのあたりまで価格が伸びるかを表してくれます。

前回解説したオシレーターとフィボナッチ・エクスパンションを使えば相場の動き始めと動きの終わりをピンポイントで狙い撃ちできます!

オシレーターのシグナルでエントリーし、フィボナッチ・エクスパンションでトレンドの伸びしろを狙う・・・。

トレンドはどこまでも続きますが、それは永遠ではないです。

エクスパンションを使ってある程度の目安を知ることで効率よく利益をとっていくことが出来ます。

  • トレンドの分析
  • オシレーターの買われすぎ・売られすぎ
  • フィボナッチ・エクスパンション

それぞれのいいところを相場状況に合わせて使っていけば、根拠のあるトレードにつながり成績が安定してきますからね。

是非、オシレーターとフィボナッチ・エクスパンション使ってみてくださいね~(=゚ω゚)ノ

よくたろう
ちょっとよくわからんな・・・

って方はコメントからでもお問い合わせからでも

遠慮なく質問、お待ちしております(^^)

完全無料のFX相談受付中!

僕は今ではFXで年利20%ほどですが、始めたばかりの時は失敗続きでした。

✅教材を買っても勝てない・・・

✅いつも自分の思った方向と逆に行く・・・

✅含み益だったのにいつの間にか含み損に・・・

と悩みながらも何冊も本を読み、検証をくり返しながらあきらめず相場と向き合ってきました。

僕みたいに悩み、努力しても勝てない・・・

そんな人の助けになるため、
完全無料で勝つためのFX相談に乗ります!

気になる方はお気軽にどうぞ(^^)

Twitterではスキマ時間で利益を上げる為の情報を発信しているので、ぜひフォローお願いします!
⇩⇩⇩

ブログランキング参加中!

「この記事がためになった!」
って方はバナークリックで応援よろしくお願いします!


FX初心者ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です