リスク管理

FXは投資家の心理を読む事が大事!

どうもこんにちは!渡辺ですー

さて皆さんはFXをやる際、どんな考えでトレードしているでしょうか?

 

チャートが上がってるからここは買いだな

明らかに上がりすぎ!ここは逆張りで売りや-!

なんか要人発言?あったみたいだし、上がるかな~

etc・・・

 

色々なこと考えながらエントリーしていますよね

僕もラインを引きながら根拠をつねに考えてエントリーするようにしています

チャートの形はそんな投資家たちの考えが形に出たもの。

今回はそのことについて書いていこうと思います。

トレンドは投資家の心理が形に出たもの

FXのチャートってありますよね?

こんな感じのやつです。
上がったり、下がったりしてるやつなんですが、これがなんで上がったり、下がったりしているかって考えたことありますか?

国が決めてる?それとも名だたる大企業?
いいえ、これは僕たち❝投資家❞が作っているグラフなんですね~!

そう!
つまりこれば僕たち❝投資家❞の心理が形に出たもの、と言えるんです。

チャートが動く仕組み

ある投資家が

『しばらくレンジ帯の値動きが続いてるなあ~
そろそろ上がるんじゃね?よし、買いだ!』

と、通貨をかったとします。
すると欲しい人がいる=需要があるという事になり、値段が上がるんです。
結果チャートが上がるって事なんですね。
欲しい人が沢山いればいるほど値段は上がっていくんです。
で、チャートが上がる、と。

下がる時はその逆で売る人がいっぱいいるとき=需要がない
値段が下がるんです。
欲しい人がいないから価値が下がったってことです。

FXって、買う人がいれば、逆に売る人もいますよね?

そうやって通貨の価値が上がったり下がったりを繰り返すからチャートが動いていくんですね~

投資家の心理を読む

僕たち投資家は(投資家っていってもサラリーマンやりながらの副業ですが)
そうやって動いたチャートを見ながらトレードを繰り返していきます。

で、その心理としては

 

上がってるからこのまま上がり続けるはず

上がってるからそろそろ下がるはず

 

とかの人それぞれ色んな心理、考えがあるわけですね

投資家の心理を読むっつってもむずかしい事を言いたいんじゃなくて、
買ってる人が沢山いるんなら自分も買っとけ、ってことです
逆に売ってる人が沢山いるんなら自分も売っとけ、です。

先ほど、買う人がいっぱいいて価値が上がってるからチャートが上がるって話をしました
つーことはその流れに乗った方がいいですよね?

だって世の中のみーーーーーんなが買ってる通貨を自分だけ

よし!俺は投資家の心理を読んでベストなタイミングで売りに入るぜ!
とか

俺にはわかる・・・そろそろ下がるぜ・・・投資家の心理を読むんじゃ-っ!全ツッパ売りーーーーーー!
・・・げき、ちん・・・(´Д`)

とかになるわけです。
みんなが買っていて価値が上がってるのだったら、その流れに乗っかった方が絶対いいです。

そもそも心理を読むっつったっていつ下がるか分からないものを当てろったって無理ですよね?

僕が言いたいのはそんなむずかしい事じゃなくて

今、世の中のみんなは、どの通貨に価値を感じてるんだろう?
どの通貨には価値を感じていないんだろう?

っていうのを読み取って欲しい、ってことです

いつ逆方向に行くか分からないのに、逆方向にエントリーして一発デカいのドカン
ってのを狙うのはリスクが高すぎます。

そうじゃなく流れができているのであればその流れに沿って細かく利益とってった方が絶対いいです
リスクを取るってことはそれだけ資金のパンクのリスクが増えるってことですから

もちろんしっかりした根拠があれば別ですが
資金のパンクのリスクをしょってまで流れの逆をいくことはしなくていいってことですね

1日5分で利益を出す!「スキマタイムメソッド!」

残業休出当たり前!

家に帰れば、幼いわが子がいる中で使える時間はごくわずか・・・。

そんな時間のないサラリーマンでもわずかな時間で利益を出し続ける
シンプルな手法を今だけ期間限定で無料プレゼント!